薄毛 紫外線

薄毛の大敵・紫外線はつむじに当てるな!

薄毛 紫外線

 髪の毛がなく、ツルツルの人の頭は光っています。モト冬樹や篠原勝之や昔の横山ノックの頭はピカピカですよね。
 あれはなぜ光っているかわかりますか?

 

 紫外線があたると、頭皮はつっぱります。頭蓋骨に頭皮が張り付くんですね。張り付いているから、ハゲている人の頭皮は硬いわけです。
 頭皮が張り付くと頭の皮が伸びて、毛穴を塞いでしまいます。
 毛穴を塞ぐということは、発毛を止めてしまうということになります。

 

 いいですか。

 

 髪が抜け始めると、頭皮が日光にあたる面積が増えます。紫外線にさらされた部分は皮がつっぱって、毛穴を塞ぎ、発毛を止めてしまう。
 抜け毛のスパイラルの元が紫外線だというわけです。
 なので、まず抜け毛がきになるという方は、紫外線対策からはじめましょう。

 

 

薄毛の敵・紫外線の多い季節って?

薄毛 紫外線

 

 真夏の7月や8月に紫外線が多いと考える人が多いと思いますが、日本の場合は、季節的には5月6月のほうが、紫外線が降り注ぐ量というのは多いです。
 あと、日光がサンサンと照りつける日よりも、曇の日のほうがきついといわれています。

 

 秋・冬は、春夏に比べると弱いですが、雪の多い地域は要注意。雪に反射した紫外線は直接浴びるよりも強い可能性がありますので、紫外線が必要です。
 スキーやスノーボードに行く人は雪のふる地域の紫外線のきつさはご存知ですよね。

 

 

帽子は蒸れないものをかぶる

薄毛 帽子

 紫外線対策といえば、帽子。女性であれば日傘ですね。
 ヘルメットをかぶっている人はよくお分かりかと思いますが、一日中何かをかぶっているというのは、とても頭が蒸れます。
 なので、通気性が良いものをかぶるようにしましょう。アクリルのニットキャップやフィット感が強い帽子は要注意ですね。
 メッシュの入っているキャップやあまりピッタリと頭に蓋をしてしまわないような帽子がよいでしょう。

 

 

頭皮が紫外線にあたったら

薄毛 マッサージ

 そうはいっても、外で働く人もいるでしょうし、どうしても日中に外にいなければならない日もあるでしょう。
 そうして、頭皮が紫外線にさらされた場合は、頭皮マッサージをしましょう。

 

 頭皮用の化粧水などもありますが、シャンプーするときに、マッサージ洗いをするので十分だと思います。
 頭皮を柔らかくすることで、頭蓋骨に張り付くのを防止しますから、とにかく頭皮を柔らかくしておくことが大切ですね。

 

【関連記事】
>>>頭皮を柔らかくする無添加毛シャンプーを試してみました