ストレス 抜け毛

ストレスは頭皮も硬くし、抜け毛を増やす

ストレス 抜け毛

 ストレスは頭痛や腰痛、胃痛など万病のもとですが、抜け毛にもかなりの影響を与えます。
 強烈なストレスを受けた人が一夜にして白髪になるという話を聞いたことはありますか?私は見たことはありませんが、実際にある話だそうです。

 

 ストレスが抜け毛にどうしてよくないかおわかりでしょうか?
 ストレスによって頭皮が硬くなるからです。もうちょっと医学的にいうと、筋肉を収縮させます。その結果毛細血管に栄養が行き渡らなくなり、抜け毛が増えるというわけです。
 ストレスを受けると頭皮に限らず体が硬くなります。緊張状態ですね。
 怒っている時、ナーバスになっているとき、こういったときはなかなか自分を客観的に見るということはできませんが、体にかなり力が入り、硬くなっています。

 

 頭皮は普段やわらかい部分です。それが怒りを感じている時や神経が高ぶっているときは硬くなります。
 一度意識して触ってみてください。

 

 頭皮が硬くなるということは、毛穴を塞ぎ、頭皮に栄養がいかなくなり、やがて抜け毛が増えて、髪が育ちにくくなります。
 ストレスが直接髪を抜けさせるというわけではなく、こういったメカニズムで髪が抜けていくわけですね。

 

 

頭皮環境を意識したストレス解消法

ストレス 入浴

 一言でストレス解消といっても人それぞれだと思いますが、育毛を考えた場合のストレス解消は入浴と睡眠ですね。
 頭をマッサージしながら洗うことは、先のつむじを紫外線から守るのページでもお話しました。それと同時に、ゆっくり湯船にも入ってください。
 血行をよくすることで、体をほぐしリラックスした状態を作り出します。

 

 男性は風呂の時間が短い人が多いですが、30分くらい湯船につかっているのが理想的です。
 読書するもよし、防水スマホを持って中でゲームするもよし、自分が一番楽しい状態を作ってください。
 間違っても仕事のことを考えたりしてはいけませんよ。

 

入浴後の睡眠が効果的に深い眠りへ誘う

ストレス 睡眠

 ストレスを抱えているとよく、眠れない、何度も朝までに目が覚めるという人が多いですが、睡眠不足は抜け毛に最も悪いことにひとつですね。
 よく眠れる方法としては、入浴後しばらくしてから布団に入ることです。
 お風呂に入ってすぐに寝ると暑いので、布団をけってしまい、風邪をひくもとですが、しばらくたってから寝ると、とても眠りにつきやすいです。
 人は体温が下がるときに一番眠くなるんですね。
 それでも眠りにくいというひとは、あたたかいミルクを飲んだり、静かな音楽をかけて寝てみてください。
 お酒は育毛にもよくないですし、深い眠りを妨げるので、厳禁ですよ。