シャンプー シャワー

頭皮に熱すぎるシャワーは逆効果

熱いシャワーは頭皮ケアには逆効果!

 特に男性に多いのですが、シャンプーするときに洗った後の爽快感を得ようとする傾向があります。
 メントール系のシャンプーが人気なのもそのひとつですね。

 

 同じように、シャワーをするときも熱めのお湯で頭を洗ったりしがちです。
 これも、確かにスカっとして気持ちはいいですが、頭皮にはあまりよくありません。

 

 というのも、熱すぎるシャワーは、頭皮の細胞と細胞をつなぎとめている細胞間の脂質をきれいに洗い流してしまう可能性があるからです。
 そうなると、皮膚は潤いを失い、常に乾燥した状態になってしまいます。

 

 手でお湯の温度を確認してから、頭にシャワーすると思いますが、実は手のひらは頭皮の何倍も丈夫なので、熱さの感じ方が違います。
 手のひらにかけたときに熱いと感じるお湯は相当熱いので、それを頭にかけるのはよくないですね。

 

シャワーの適温は?

シャワーの温度は40度以下で!

 冬の入浴の時などは、熱めのお湯につかりたいですね。その時で42度、熱いのが好きな方で43度くらいでしょうか。

 

 43度は湯船の温度としては適温でも、シャンプーのときのシャワーの温度としてはちょっと熱すぎです。
 だいたい、39度〜40度くらいが適温と言われています。

 

 

 

 

本当に頭皮をスカっと気持ちよくさせたいなら

皮脂を根こそぎとらないウーマシャンプーがオススメ

 頭皮の爽快感を得たいなら、頭皮マッサージです。頭皮を効果的に刺激するのページで、マッサージ方法についても書きましたが、両手で持ち上げるようにして頭皮を揉むと結構がよくなり、ある種の爽快感が得られます。
 育毛剤を使用すえるのが血行促進にはベターですが、シャンプー時のマッサージも効果があります。
 もともと 「shampoo」の語源はヒンズー語で「押す」という意味で、それが転じてマッサージの意味もあるほどですから、髪の毛の汚れを綺麗にするというのは化学メーカーが後付でつけた目的なわけですね。

 

 管理人が使用していたウーマシャンプーなどは皮脂を根こそぎとってしまわず、ほどよく洗浄してくれるので、熱めのお湯でスカっと洗いたいという方にもおすすめです。

ウーマシャンプー体験談

 

それでも爽快感が欲しいなら・・・

 熱いお湯は逆効果ですが、冷水は血管を一度縮めて、その後拡張させる効果もありますので、爽快感を追い求めるという方は、風邪には気をつけて、冷たい水で頭皮をひきしめるというのもいいかもしれませんね。

 

 

つむじが薄い人のためのシャンプーランキングへ

 

 

トップページへ戻る