薄毛 遺伝

薄毛と遺伝の関係 対策することで予防できる

父親が禿げているからしょうがない。
母方の祖父が禿げているから、遺伝する。
など、遺伝による薄毛に関する噂は昔から多くありますね。
本当に薄毛は遺伝するのでしょうか。

 

調べてみたろこと、すべての薄毛が遺伝するわけではありませんが
確かに遺伝による薄毛も存在すると言われているようです。
特に、最近よくいわれるAGA(男性型脱毛症)の発症の場合、
遺伝的な要素が多く関わっていると言われています。
また母親の遺伝を受ける傾向が強い、というのも事実だそうです。
母親が薄毛だったり、母方の遺伝子の影響を受けやすいのです。

 

ただ、強い遺伝による薄毛は薄毛に悩む人たちの4%にすぎない、といわれており
ほとんどの遺伝による薄毛は改善や予防が可能と言われています。

 

もうひとつ、「薄毛が遺伝する」と信じられてきた理由があります。
一緒に生活している人たちは、生活習慣が同じであるからです。

 

たとえば、頭皮の健康に良くない食生活や、塗れた髪を乾かさない習慣があったとしたら
それらの「後天的薄毛の原因になる」生活習慣を、家族がみんな当たり前のようにしていることになります。
そして、特に薄毛の原因の影響を受けやすい父親と息子が薄毛になったとしても
まるで遺伝のように感じてしまうことがあるでしょう。

 

まず生活習慣の改善が必要です。
そして、本当に改善しない遺伝的薄毛は少ないことを知って
きちんとケアすることを始めましょう!

 

 

 

⇒次の記事:20代で薄毛に悩む方へ